審査員

審査員

ヤニ・チャラランボス(YIANNI CHARALAMBOUS)

ヤニ・チャラランボス(YIANNI CHARALAMBOUS)

Yiannimize社オーナー, London UK

ヤニ・チャラランボスはすぐに彼の高級車を彼に委ねることをいとわないと思っている多くの有名人そして金持ちの人々の支持を得ました。彼のクライアントリストには、世界的に有名なスポーツスターとエンターテイメントスターが含まれています。見事なボディラップと革新的なインテリアで、Yaniはソーシャルネットワークのスターになり、YouTubeとインスタグラム上で100万人以上のファンを持ち、彼の車でいっぱいの仕事はファンの狂信を得ました。サポートします。 Yianni私はLamborghini Super Runを修正するのが得意です!

ジャスティン・ペイト(JUSTIN PATE)

ジャスティン・ペイト(JUSTIN PATE)

Professional Installer, Global

ジャスティン・ペイトはエイブリィ・デニソンの認定施工者およびトレーナーであり北米、ヨーロッパ地域にて20年以上の経験を持っています。またペイト氏は北米におけるエイブリィ・デニソンのカーラッピングワークショップ、認定試験の責任者でもあります。トレーニングのプログラムでは彼が独自に編み出した施工方法、施工のクオリティを上げ、施工時間を下げるといった内容になります。ジャスティンはThe Wrap Instituteの共同オーナーでもありオンラインで学べるラッピングのプラットフォームは現在約1000種類以上の動画(130時間相当)となっています。

モリー・ウォーターズ(MOLLY WATERS)

モリー・ウォーターズ(MOLLY WATERS)

Avery Dennison Senior Technical Specialist, USA

モリー・ウォーターズはエイブリィ・デニソン グラフィックスソリューションズ北米のシニア・テクニカル・スペシャリストです。ウォーターズはカーラッピングがまだ広まっていない1997年にエイブリィ・デニソンへ入社し、それ以来、業界の進化やラッピングの時代の変化を目の当たりにしてきました。オートモーティブの業界に19年以上関わり、業界にも精通しています。エイブリィ・デニソンのシニア・テクニカル・スペシャリストとして、ウォーターズは北米のお客様、ショップなど様々なお客様とラッピング業界について話し合っています。最近ではエイブリィ・デニソンのブログや事例やテクニカル観点から見るアプリケーションの情報などを発信しています。

 

マイルズ・コバックス(MYLES KOVACS)

マイルズ・コバックス(MYLES KOVACS)

DUB Magazine, USA

マイルズ・コバックスはDUBマガジン社の共同オーナー兼社長です。DUBマガジンは北米における最先端のカーカルチャー、芸能人とその愛車にフォーカスした雑誌です。コバックス氏はオートモーティブ業界に25年携わっています。2000年にDUBマガジンが創刊されるまではカスタムカーのデリバリーをしていました。2000年以降はDUBマガジンカスタムオートショー&コンサートの発刊、DUBエディションのカーアクセサリー、ビデオゲーム、実際の車両やおもちゃの車両ホイールのデザインなど様々な形で車に関わってきました。彼の”夢の車”はBJ Baldwin, Pro Truck Racer – Dodge Ramの”Trophy Diesel”である。

ピーター・ライト(PETER WRIGHT)

ピーター・ライト(PETER WRIGHT)

Avery Dennison Technical Marketing Manager, Australia/New Zealand

ピーター・ライトは1996年から印刷業界に携わっており、彼もまたデジタル印刷の進化、特殊フィルムの多様性を目撃してきた一人です。エイブリィ・デニソンに入社して9年、オーストラリア、ニュージーランドを中心に世界の様々な施工者と仕事をしてきました。オーストラリア、ニュージーランド、ASEAN地域にて2000人以上にトレーニングを実施してきました。”今年のラップライクキング参加者を見るのが楽しみです。デザイン、創造性の境界ギリギリまで発揮して車をかえる、特にレベルの高いクオリティと繊細な部分にも施された技術の部分を見ていきたいです。”

エディ・スピールマン(Eddy Speelman)

エディ・スピールマン(Eddy Speelman)

Owner of Speelman Graphic Applications

エディ・スピールマンはSpeelman Graphic Applicationsのオーナーであり、エイブリィデニソン欧州の認定トレーナーです。
主な事業は、高品質なボディカラーチェンジ、塗料保護およびウィンドウフィルムの施工です。

20年以上にわたりラッピング業界に携わっているエディ・スピールマンは、エイブリィ・デニソン欧州の一員として15年間のトレーナー歴を持っています。
「今年のイベントが楽しみです。私にとって、技術的な進歩と革新的なデザインの組み合わせを見れるのがこのイベントの魅力であり、デザインとアイデアの進化は見るのが楽しみです。」

フランク・マルカート(Frank Marquart)

フランク・マルカート(Frank Marquart)

Avery Dennison Technical Marketing Manager Digital Print Media/ Europe

フランク・マルカートは、エイブリィ・デニソン欧州のデジタルインクジェット製品のテクニカルマーケティングマネージャです。
彼はデジタルインクジェット印刷用の新製品の開発に積極的に関わっており、プリンタメーカーと密接な関係を維持しています。
エイブリィ・デニソンでの12年間では、マーケティングでの経験やデジタルインクジェットメディアポートフォリオの一部を担当するプロダクトマネージャを務めました。
「デジタルインクジェットメディアはカーラッピングに使用されることが多く、デザイナーや施工者の創造性を自由に表現することが可能です。印刷デザインがどのように使われて、施工者がどの程度細部までアートワークを生かすことができるのかを見るのが楽しみです。」

サーレル・クルーガー(Sarel Krueger)

サーレル・クルーガー(Sarel Krueger)

Technical Marketing Manager South Africa

サーレル・クルーガーは1995年に機器サプライヤーとしてサイン業界に加わりました。彼の経験は、機器やソフトウェアから、看板やグラフィックの製造、そして最終的には材料の供給まで多岐にわたります。
エイブリィ・デニソンに2011年に入社し、それ以来知識と経験をカーラッピングの世界に広げています。地元のエイブリィ・デニソンKnowledge Centerでの、施工者やセールススタッフおよびビジネスオーナーのトレーニングも彼の業務の一部です。常に新しいことに挑戦しているので、業界で使用される材料および特定の用途についての紹介およびアドバイスについても担当しています。
「このコンテストの審査員の一員に選ばれて非常にうれしいです。私の審査の焦点は最終的に完成作品に大きくかかわる角のラッピングの仕上がり具合です。参加者に皆さん頑張ってください。」

木下純(JUN KINOSHITA)

木下純(JUN KINOSHITA)

Avery Dennison Graphics Solutions, Japan

木下純はエイブリィ・デニソン・ジャパンのグラフィックスソリューションズのセールスマネージャーです。木下は2009年に同社に入社しCWI(認定施工制度)を推進してきました。またジャスティン・ペイト氏を招いてのワークショップも4年ほど展開しております。日本で展開するワークショップには述べ1000人ほどの参加者がおり、認定施工者は現在34名になる。”世界で注目される大会の審査員に選ばれて光栄です、様々な国のテクニック、アプローチ、トレンド、文化に触れられるのが楽しみです。”